//Lyric 

 
明日の話が怖くなり
耳を塞いで叫んで走り出したい
 
逃げ場も無くてあした来る
鼓動の音漏れさらに激しく鳴ってる
 
Ah,,神様は
Ah..味方しない
Ah,,苦しいよ
Ah..私を
Ah..閉じ込める
Ah..悪魔め!
 
※1
パニックパニパニックシンドローマー
私縛らないで
パニックパニパニックシンドロームで
I don't feel like going to work now
(会社に行きたくない)
 
「昨日言ったよね?明日(あす)までと」
記憶にはないなんのことだかさっぱり
 
Ah..少しだけ
Ah..何となく
Ah..聞いた気も..
Ah..目で殺す
Ah..その嫌な目
Ah..疑惑の目
 
※2
パニックパニパニックシンドローマー
電車乗りたくない
パニックパニパニックもう死んじゃいたい
I don't feel like going to work now
(会社に行きたくない)
 
Ah,,神様は
Ah..味方しない
Ah,,苦しいよ
Ah..私を
Ah..閉じ込める
Ah..悪魔め!
 
※1
※2
 
行きたくない
生きたくない
逝きたくない
行きたくない
生きたくない
行きたくない

僕はずっと夢見てる
君を見ている時間は
僕の大切な宝物
いつもステージの上で
君はそう輝いて眩しくて
 
いつでも 全力で こみ上げる 思いを
熱く叫ぶ 届け君に 拳を振り上げ
 
君の ことが 好きだ
ずっと ずっと 好きだ
わかってる わかってる 片想いだってことは
だけど
 
君を見ているときだけは
違う自分になれるんだ
なんの取り柄もない僕が
ちょっとだけどヒーローになれるんだ
 
無敵の 時間は 続かない わかってる
だから今は せめて今は 声を振り絞り
 
君の ことが 好きだ
ずっと ずっと 好きだ
言わせてよ 言わせてよ この熱い気持ちだけは
せーのーで
               
君の 笑顔 キラリ
僕は 涙 ポロリ
なぜなんだ なぜなんだ なんだか涙が止まらないよ
 
こんな 楽しい日々だけど いつか 終わってしまうんだ
僕も わかってはいるんだ けれど 知らないふりをして
せめて その日が来るまでは ずっと笑って過ごすんだ
僕は ヒーローになれたんだ
いつまでも僕はずっと覚えてる
 
僕はずっと覚えてる

 
こんな現実なら        
もういらない             
閉じていく心         
耐えきれない            
 
荒む気持ちが見せる世界は       
全てが黒に包まれて             
絶望の 先に見える光は    
 
駆け抜けろ 一瞬で            
生き急げ  振り向くな    
 
人生は 短くて そして儚く  
人を信じて 人を愛して    
人に騙され 人を憎んで
気づいた時は 終わっているよ
 
それでも生きていたい?    
あなたはどう?        
私は生きてくよ        
刹那SONIC        
 
雨に濡れながら        
口ずさむ           
美しいメロディ        
涙溢れ            
 
全て歪んで 崩れ落ちてく   
しゃがみこんだら負けだよ   
Ah 明日から素晴らしい日々であれ 
 
駆け抜けろ 一瞬で      
生き急げ  振り向くな    
 
私は浅はかで 世間知らずで  
不器用すぎて 人に嫌われ
嘘の笑顔で 無難に生きて
そんな自分を 消し去りたい
 
それでも生きていたい!    
いいですか!             
私なりの人生         
刹那SONIC          
 
この瞬間を          
 
駆け抜けろ時代を       
切り開け未来を
私たちの名前を
胸に刻め 刹那SONIC

壊しちゃいたい
壊しちゃいたい
壊しちゃいたい
決められたルールを                           
壊れちゃうよ
壊れちゃうよ
壊れちゃうよ
自分の心が                                  
頭の中で 何かが囁く                      
立派な大人に ならなきゃダメだと              
そんなことはわかってるよ                   
努力だってしたけど                       
部屋の中で膝抱えて                      
つまらないテレビ見てる                    
そうだ 壊していこう                      
敷かれたレールの上を                    
疑いもせず歩いてく
そんな人生面白いの
私なら降りるよ                         
どうして人はこんなに                    
どうでもいいことばかり
大事に抱えこんで
生きていくのだろう                      
 
壊しちゃいたい
壊しちゃいたい
壊しちゃいたい
決められたルールを
壊れちゃうよ
壊れちゃうよ
壊れちゃうよ
自分の心が                                  

1人だけど寂しくはない                   
馬鹿みたいに見える?
向かい風に立ち向かうよ                  
正面からまっすぐ
 
そんな生き方を                        
 
笑えるか無難な君よ                     
抗うんだ歯を食いしばり
無様でもその足で
自由な道歩け
 
閉じこもってちゃダメだ                    
無理矢理に胸を張って
人が歩かないような道を
自分で切り開け
 
作りだせ                            
ルールを                            
たとえ倒れても                           
また起き上がれ                       
かっこ悪い大人になるな                  
人がどんな馬鹿にしようが
決めてゆけ自分のルール
その気持ちが大事
君が向かっている場所は                  
誰もたどり着いていない
もしもそこに行けたのなら
思いきり叫べよ
 
壊しちゃいたい
壊しちゃいたい
壊しちゃいたい
決められたルールを                           
壊れちゃうよ
壊れちゃうよ
壊れちゃうよ
自分の心が                                  
壊しちゃいたい
壊しちゃいたい
壊しちゃいたい
決められたルールを                           
壊れちゃうよ
壊れちゃうよ
壊れちゃうよ
自分の心が
 

夏の空は高く           
澄んだ青が深いんだ
僕は翼広げ
鳥のように飛びたいんだ

ほら 手を繋いで さあ飛ぼう 一緒に

君の翼は綺麗
まるで君の心のよう
僕に翼あるのかな
君に見えているのかな

ギュッと君を抱きしめ
青い空にダイビング

ああ やっぱりだ
僕に翼なんて無い

君は知っていたんだね
僕に翼がないことを
君はとても優しいね
僕を楽にしてくれた

静かに瞼閉じて
自分の事を考える         
今までなんで僕に         
翼があると思っていたのか